2019/04/15

長岡花火のホテル事情!おすすめな宿泊場所を長岡在住の主婦がご提案します!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

この夏も近づいてきました、長岡花火!!

 

毎年楽しみにしております。

 

毎年私達家族も長岡花火を楽しみにしておりますが、遠方から長岡花火を観に来る場合はどうしたらいいのか困りますね?

 

そんな貴方に長岡花火開催日のホテル事情をお伝えします!

 

この記事は3分で読めます!

この記事はこんな方におすすめです
  • 長岡花火を観に行きたい
  • 開催日のホテルはどうしたらいいか
  • 来年開催の参考にしたい方

スポンサーサイト 

長岡花火開催当日のホテル事情は?

予想通り長岡市内はホテル旅館共に激混み、満室のオンパレードと言われています!!

 

長岡花火は毎年開催日が決まっているという事もあり、ホテルは1年前の花火大会が終了すると翌年の宿泊予約をする常連の方が多かったり大手旅行会社が近隣のホテルを抑えたりでほぼほぼ無理と思って間違いないでしょう。

 

運よく予約のキャンセルが出る事があればいいですけどね。。

 

実際のところ、近隣の見附市や燕三条市もホテルの予約は難しいと思います。

長岡花火当日の宿泊はどうしたらいいか?

色々な情報を収集してみた結果ですが、少し離れた「越後湯沢」で温泉も楽しみながら宿泊するのはいかがでしょうか?

 

越後湯沢までは普通電車で1時間20分ほどですが新幹線を利用すれば約25で到着します!

 

花火大会終了時も新幹線の運行はあるので、疲れた体を温泉で癒す事もできるとなれば少し離れていてもよくないですか!?

※参考資料→(長岡花火公式サイトより)大花火大会交通規制図、JR時刻表、帰りの長岡駅誘導

 

また、予約する際に気をつけたいのが当日の夕食時間帯は調整が必要となると思うので事前にホテルに確認しましょう!

 

夕飯はなしのプランが一番無難なのかもしれませんね。

 

また、せっかくなので翌朝の朝食で新潟米のご飯を提供してくれるホテルを予約する事をオススメします!

新潟に引っ越して慣れてしまったのか他のお米食べられないかもってくらい甘みもあってとっても美味しいですよ!

なお

長岡花火への交通手段

ホテルから現地までの移動手段は、必ず電車かバス移動にしてください!

 

本当に混雑するので、行っちゃえばなんとかなるだろうと思ったら大間違いです!!(私そのタイプ)

 

別記事にも書きましたが、渋滞で数時間車が動かないとかなったらせっかくホテル予約しても到着が何時になるのか。。。

関連記事→ 長岡花火の無料席!チケット不要で子連れで見る観覧スポットを長岡在住3年の私がご紹介!!!

 

また、たくさんの荷物を持っての来場は長岡駅コインロッカーが当日は使用できなくなっているので注意してください!

 

※参考資料→(長岡花火公式サイトより)大花火大会交通規制図、JR時刻表、帰りの長岡駅誘導

 

どうしても、長岡花火の会場付近はたくさんの車で混み合いとっても混雑して渋滞の嵐から抜けられず数時間なんてよくあります!

 

とにかく、車はホテルに置いて電車又はバスを利用して移動するようにぜひお願いしたいです。(しつこい)

長岡花火ホテル事情まとめ

実際、当日は来場者が多いので大変混雑します。

 

花火が終わってからの電車もとっても混雑すると思うので動きやすい服装で来場するのがいいかと思います。

 

あ、お土産買うならTHE長岡花火行ってきました!っていうおすすめのお菓子があるのでもしよければそちらの記事もどうぞ!

関連記事→長岡花火の観覧に来たらこのお土産いいかも?ガトー専科で私のおすすめトップ3を厳選紹介!

 

3年間連続して花火大会を観覧していますが、雨が降ったことがないので心配はいらないと思います。(そんな事言って雨降ったらごめんなさい)

 

昭和20年8月1日の空襲から73年がたち、長岡の人達は前身の「長岡復興祭」によって心を慰められ街の復興に臨んだと言われています。

 

大花火大会はそんな復興祈願の思いが込められたものなのでぜひ一度は観て欲しい花火大会だと思います!

 

(長岡花火公式サイトより)「長岡祭りの起源と長岡花火に込められた想い」

最後までお読みいただきありがとうございました!

長岡の関連記事はこちら

長岡花火の無料席!チケット不要で子連れで見る観覧スポットを長岡在住3年の私がご紹介!!!

長岡花火の観覧に来たらこのお土産いいかも?ガトー専科で私のおすすめトップ3を厳選紹介!

長岡駅近くランチでオススメなのは?夏におすすめの美松のレーメン食べてきました!

スポンサーサイト 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© my job style , 2018 All Rights Reserved.