転勤族の妻!出産経験2回の赤ちゃんグッズ準備品の備忘録を公開します

体験レポート

こんにちは、なおです

以前に、マタニティーショーツはいらないか?必要なのかと記事を書きました。

その記事が結構読まれているらしいので、今回出産陣痛バック準備品リストを書きました。

私の経験は2回しかありませんが、入院生活での事は詳細に覚えており日記も書いてたのでそれをみながら書いています。

これから出産する方の参考になれば嬉しいです。

私は転勤族なので、基本的スタンスは物を増やさないとしています。

でも、出産陣痛での入院時まずは「ストレスを貯めないように」便利グッズは使おうと思って準備しました。

それではいってみよー!

スポンサーサイト 

マタニティウェア

購入タイミング

  • お腹が大きくなり、普通のデニムが履けなくなってきた頃
  • マタニティズボン2本
  • ワンピース2枚(冬用・春夏用)
  • 無印良品のマタニティ用タイツ1本
  • 授乳もできるカットソー2枚(授乳期に季節に応じて追加購入)

周りの友人もマタニティ用のズボンはみんな必ず買ったと聞きます。

また、妊婦健診へ行く際には検診内容により服装を変えるのがオススメです。

なお
なお

ちなみに私はタイツ履いてって脱ぐ際におっとっととよろけてしまった事あります

マタニティ/授乳服は高いものが多いのですが全く買わないわけにはいかないのでプチプラでいいのないか探しました。

私はユニクロやCHOCOA(チョコア)で可愛い服がないか探しました。

プチプラなのでチェックしてみてください。(私の好みですが)

マタニティウェアCHOCOA 妊娠中からずっと履けるコスパ最強マタニティデニム 今すぐチェック

また、妊娠前から使っていたウェストゴムのズボンはお腹が大きくなるギリギリまで履いてました!

なお
なお

太りすぎて初めて股ずれを起こし穴が空いてびっくりしました!お気に入りの物は要注意ですw

産後もしばらく使ってましたが、ウエストのゴムがソフトで履きやすい無印良品のマタニティ用タイツよかったですよ!

妊娠中は締め付けずお腹が楽に過ごせるのがいいですからね、ゴムが伸びるとか重要なポイントです。

マザーズバック

これは、元々持っていた大きめの肩がけバックがあったのでそれを利用しました。

妊娠中というより、産後赤ちゃんとお出かけする時には荷物が大量になるので必要になる場面が増えると思います。

実は、赤ちゃんの体重が増えず退院後1週間したらくるように言われ病院に行く事になりました。

その際に実際思った事がありました。

  • 初めての出産で疲れているのに、新生児を抱っこしての外出はすごく緊張した
  • 病院で母子手帳やら財布やらを出すのにリュックでは手間取ってわずらわしい
  • 別日に母乳外来も行ったので、その際には授乳が楽にできる洋服で行って助かった
  • 赤ちゃんがいつ機嫌が悪くなるのかも不安だったので、とにかく色々時短できる物便利な物を今はフル活用しよう

経験すると実感しますが、ちょっとのお出かけでも汗びっしょりのぐったりでした。

新生児の時期はあまり外にでない方がいいと言われてますが、私の場合はそんな事情があり出かけざるを得ませんでした。

なので、産後からすぐ着られる授乳服はとっても役に立ったしバックもあって良かったと思いました。

慣れない新生児を左手で抱っこをしつつ、右手でバックの中の荷物を取り出すという作業とか赤ちゃん落とさないか不安でした。

なお
なお

新生児はふにゃふにゃで首が座ってないので抱っこ紐使えなかったからね、本当に気を使ったー

初めてのママは大事な赤ちゃんの抱っこも不安なのに片手で荷物を出すのもとにかく必死ですw

リュックだと片手で荷物を取り出す事が簡単にできないので肩がけバックが私は大正解なアイテムでした!

私なりの条件をまとめました。

  • ポケットは多め(赤ちゃん抱きながら物が行方不明になると事件になる)
  • 水筒は外側(バッグに手を入れずにすぐに出したい)
  • 肩が痛くないタイプ(荷物が多いのにバッグは軽めがベスト)
  • プチプラは大前提

また、成長するにつれマザーズバッグは変化しました。

ショルダーにもなるツーウェイなバックは長く使えますからコスパもいいですよ。

子供を追いかけ回すのに肩がけよりショルダーバックやリュックで両手が空いた方が動きやすいです。

妊婦帯(腹帯)

ちょうど戌の日のお参りに合わせて購入しました!神社に安産祈願のお参りする時にしていく為ですね。

戌の日とは安産を願って戌の日に腹帯を巻くと良いと言われています。

こちらで戌の日がわかります→参考資料:アカチャンホンポ公式サイト戌の日カレンダー

私は腰痛持ちなので、一時期骨盤ベルトと腹帯両方していました。

出産予定のクリニックに確認すると骨盤ベルトで歪みを防止する方を優先してねと言われて途中から骨盤ベルトだけしてました。

私はアカチャンホンポが近かったのでお手頃な価格の産前産後も使えるタイプというのを購入しました。

サプリメント

これは妊娠初期からですね、妊娠がわかってから飲み始めましたが本当は妊娠前から飲み始めた方がいいと言われています。

まずは、厚生労働省も推奨していて母子手帳にも記載がありますが葉酸を摂取できるようにサプリや野菜をメインとして摂取しします。

妊娠中はずーっと飲み続ける物なので、つわり時期にも飲みやすいサプリがいいなと思います。

私が飲んでいたのは妊娠時期、授乳時期で必要な栄養は異なるこだわり抜いたサプリがあると知り私が飲んでいたのは「プレミン葉酸サプリメント」です。

授乳期には、ネットで授乳期用のサプリに変更するだけなので簡単でした。

余分な添加物だったり、妊娠中授乳中に不要な美容成分も入ってないので安心して飲め解約するのも縛りがなく良心的でしたよ。

ハーフトップ(ブラジャー)

ハーフトップは、ノンワイヤーでつけ心地が優しいのでこれおすすめです!

スポーツブラみたいなタイプで、就寝時授乳時にもおすすめです。

私は、ずっと使っていた着心地抜群Viage(ヴィアージュ)ビューティーアップナイトブラを使っていました!

妊娠中はもちろん、産後は授乳もあるし今までのワイヤーブラジャーは使えなくなってました。

だからずっと使っていたナイトブラは値段も手頃で授乳もしやすかったので個人的におすすめです。

参考記事はこちら

マタニティ用のブラジャーもありますが、見た目も可愛いくて締め付けのないシンプルなブラがよかったので。。。

マタニティショーツ

←(これ、マタニティーショーツじゃないですねw)

これは上でも説明した通りです。

大きくなってくるお腹をしっかり包み込んで守ってくれるマタニティーショーツは出産までの期間限定。

腹巻きでもいいかなとも思います。(生地もさほど変わりないし。。。)

ただ、お腹が大きくなると普段から履いていたパンツだとクルクルっと下がってきてしまったりしてw

股上浅めのヒップハングタイプだったらストレスがないですね。

ちなみにマタニティーショーツは長さが胸下くらいまですっぽりなんですが、履いてみたら慣れてちょっと守られてる感があって心地よくなってました。

薬も塗ってたりしたので洋服がベタつくことがなかったので私の場合結果的にあってよかったです。

お腹を触ってみると冷たかったりする冷え性の人とかはマタニティーショーツを履くのもありだと思います!

マタニティショーツ購入検討の目安は

  • お腹すっぽりが安心
  • 通常時のパンツじゃ不安または不快
  • 帝王切開の予定がある
  • 冷えを気にする方

あくまでも意見を参考に目安にしてみてくださいね。

おやすみたまごプラス

これは、他の記事でもお伝えしたのですが本当に便利でずっと使ってます!

(参考)出産準備いつから始める?初産で私が買ってよかった3つのアイテムをご紹介!

おやすみたまご プラスのメリット

  • 妊娠中の大きなお腹を支える抱き枕として使用
  • 背もたれとかクッション代わりとして使用
  • 産後、赤ちゃんのお昼寝用お布団として使用
  • 寝返りをしてもチャックを開けて落下防止にもなる
  • 寝返りをしだしたらケガ防止の為にも活用
  • 4歳の子供の寝相が悪すぎて壁への激突防止に利用中
  • 赤ちゃん卒業してからは昼間にクッションとして使用できる

私は出産祝いに友人達とおやすみたまごプラスをプレゼントして喜んでもら得ました。

子供が成長しても大人が使っていると言ってくれていたので嬉しかったです。

という感じで、とにかく使い勝手がよく便利な「おやすみたまごプラス」でした!

新生児だと寝ている赤ちゃんを下ろすと背中スイッチが発動して起きちゃったりというのがあります!

これがCカーブ(お腹の中で育った丸い姿勢)で寝かせる事ができるのでうちの子も泣くことがありませんでした。

2人目も検討していたので無駄になりませんでした。

実際現在は2人とも赤ちゃん卒業したのでリビングで寝っ転がるクッションとして使ってます。

まとめ

初めてのことだらけで何が必要なのか情報が多すぎて迷いました。

妊娠中にお店へ行き、商品を手に取りコレ必要と調べながら見てるととても時間がかかりそれだけでグッタリしました。

自分の普段着ならパパッと決められるけど赤ちゃんグッズって色々慎重に考えちゃいますもんね。

というわけで、今回は長くなりましたがここまでー!

また需要があればベビー編書いてみようかと思っています。

お役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。ペコリ

スポンサーサイト 

関連記事はこちら

スポンサーサイト 

コメント

タイトルとURLをコピーしました